仙台市で住宅を手放す場合は任意売却をしよう

仙台市といえば、日本の中でも有名な大都市の一つです。

宮城県の中部に位置し、人口は約109万人と大変多く、宮城県内の人口の約半分近くが仙台市に居住しています。

緑が多く風光明媚な名所もたくさんあり「杜の都」という愛称で親しまれています。

商業と経済の中心部である青葉区、巨大なスポーツ施設が集まる宮城野区、海沿いの若林区、南部に位置する太白区、ベッドタウンであった旧・泉市の泉区と5つの行政区に分かれています。

そんな仙台市の住宅事情ですが、2011年に起こった東日本大震災の影響で大量の住民の移動や再開発がありました。

それに伴い、住宅価格の相場も急上昇してゆきました。

中心部では、都市型のタワーマンションが増えてファミリー層にも人気ですが、中には1億を超える物件もあります。

仙台市郊外の住宅相場は3000~5000万程度です。

念願の住宅を手に入れる人はたくさんいましたが、それについて回るのが「住宅ローン」です。

最近は頭金や自己資金がなくてもローンを組む方法があるため、気軽に持ち家を手に入れる人が増えてきました。

しかし、その一方でローンを支払うことが困難になる世帯もあります。

さまざまな事情で住宅ローンの支払いが出来ず、家を手放さざるをえない人を救済する制度として「任意売却」があります。

任意売却に対応している永大ハウスのサイトでメリット、デメリットを含めた詳細が確認出来ます。

この手続き方法をひとことで表すなら、「金融機関の了承を得て、ローンを残した状態で住宅を売る制度」です。

仙台市で住宅ローンの返済でお困りの方はメリット、デメリットをきちんと確認したうえで任意売却を検討してみましょう。