仙台市でも任意売却をせざるを得ない理由はたくさんある

仙台市は持ち家の比率も高く、ローンを組んで住宅を取得する人も大変多いです。

ですが、なんらかの理由でローンの残債を抱えたまま住宅を手放さざるをえない人もいます。

そういった方にオススメの制度が任意売却です。

ローンを残したまま住宅を売ることができ、売却したお金を返済に充てることができる便利な制度ですが、任意売却をしなければならない事情は人それぞれです。

どういった理由で皆さんは任意売却を行うのでしょうか。

○収入の減少

住宅を取得した時には十分にローンを支払える状況であっても、転職やリストラ、病気などで収入が大幅に減少してしまうことはままあります。

ローンが滞ると督促状が来る上に、3か月以上の滞納で「競売」にかけられてしまう可能性があります。

収入の確保が難しい場合は、ぜひ任意売却を検討しましょう。

○離婚による任意売却

夫婦が共同でローンを組むなどしたはいいものの離婚によりローンの支払いが不可能になるケースもあります。

また、離婚を機に持ち家を売却し全く別々の住居に住みたい場合も任意売却を行う理由としてあります。

●ピックアップ●離婚したら住宅ローンはどうなる?名義・返済についてパターン別にFPが解説(2020年2月8日)|BIGLOBEニュース

○転勤による任意売却も可

仙台市にずっと住むつもりだったが、思わぬ転勤で他の地方に移動せざるを得ない人もいます。

仙台市に再び戻ってくる予定がある場合はその間だけ賃貸に出す方法もありますが、仙台市に戻らないことが決まっている場合は任意売却が可能です。

このようにライフスタイルの変化で持ち家を手放さざるをえない人は、任意売却がオススメです。