任意売却に似た制度で「競売」という方法もある

任意売却とはそもそも、住宅ローンを払うのが困難な時に金融機関の了承と債権者の同意を得て住宅を売却する方法です。

本来住宅ローンを組む時に、金融機関は物件を担保に「抵当権」を設定しますが、売却後もなお残債がある場合は抵当権を解除できません。

●住宅ローンを返せない人が増加している?気になる記事はこちら⇒https://www.news-postseven.com/archives/20120219_88338.html

ですが、金融機関の了承を得れば残債があっても抵当権を解除することが可能でありその一連の手続きも含め「任意売却」と呼んでいるのです。

住宅を売る方法として、任意売却以外の方法があるとすれば「競売」です。

任意売却よりも競売の方が耳慣れた言葉ですが、競売とはどのような制度なのでしょうか?

○競売の仕組み

競売とは、住宅ローンを滞納し支払いが困難と判断された場合に、債権者が残債の回収をするために裁判所を通じて物件を売却する手続きのことを指します。

競売は債務者の意思は関係なく、ある程度の滞納が生じた時点で強制的に行われる手続きになります。

競売されることが決定となったら、まず物件の査定が入ります。

査定額をもとに入札という形式で買取申し込みが行われ、落札者に物件の権利が与えられます。

競売によって得られた利益は全額残債の返済に使われ、債務者はその金額を使用することはできません。

また、残債は一括で支払わなければならず、数百万単位の借金が残る形となります。

競任意売却と比べてのメリットは、実際に競売にかけられてから成立するまでの期間が半年~1年と長いため、その間は住み続けられるということです。