任意売却は競売に比べてメリットが多いためオススメ

競売は、住宅ローンを滞納した場合に強制的に不動産の売却が行われる制度ですが、任意売却と比べてどちらがオススメかということについては、やはり任意売却の方が良いといえます。

任意売却のメリットに競売と比べてメリットが多いため、なるべく早い段階で任意売却に切り替えることをオススメします。

ついて説明します。

○競売よりも高い金額で売れる

任意売却は、金融機関の了承を得た後、任意売却専門の業者が売買の手続きを行います。

相場は市場価格を元にしているため、競売よりも高い金額で売買が成立します。

競売の場合は査定は入りますが、市場価格の7割程度が目安です。

競売の情報は公示されるものの、ごく一部に限られ入札方法も複雑なことがその理由です。

○債務者の負担が軽減できる

任意売却ならではのメリットですが、債権者は売却で得た利益の中から売買に伴う手数料を捻出するため債務者はその負担を負うことはありません。

また、物件の明け渡しに引越しは不可欠ですが、引越し費用もそこからの捻出が可能です。

競売の場合は一切債務者が使うことはできません。

また、残債の支払い方法も金融機関に相談することで分割で支払うことも可能です。

○周囲に知られず物件を売れる

競売の場合はインターネットなどの情報ではっきりと「競売」という名の元に売り出されます。

そのため、近隣住民にその事実が知れてしまう場合があります。

任意売却は、一般の住宅の売買と同じ方法で業者が販売活動を行うため、金銭的な事情を悟られず物件を売ることが可能なのです。